Pinzolo

Edit me in the Theme Customizer

韓国における日本車の立場

韓国人の知り合いがいる。彼はソウル在住、免許は持っているけど車を持っていない。彼いわく「今は買わないけど、買うときは日本の軽自動車が欲しい」ということだった。私が軽自動車に乗っているので写真を撮影してネットを通じて見せてあげるのだけれど、日本の小さな車を絶賛していた。韓国社会ではどれだけ良い車に乗っているかでその人物の立ち位置が分かるらしい。だから無理をしてでも大きな高級車に乗りたがる。それとは逆に小さな車(韓国版の軽自動車)なんてみっともなくて乗ることができないそうだ。

何年か前に彼が韓国製の小さな車を買おうとすると親から反対にあい、それ以降は車を買わないことにしたと言っていた。恥ずかしいと言われたそうだ。韓国ではお正月になると親戚中の男たちが集まって、マイカーの見せ合いをする。先ほど書いたように、どれだけ大きいか、どれだけ高級な自動車に乗っているかで親戚の中での経済的なランキング=家柄が決まるとのこと。そんな中、息子が小さな車を買ったなんてことになれば親が大恥をかくということで、彼は反対されたと言っていた。(小さな車を買うくらいなら、最初から何も乗らない方が良いという親の判断である)ちなみに日本車を欲しいと思っている韓国人は案外多い。彼は日本の軽自動車が良いと言っていたが、私の知っている別の韓国人たちも同じことを言っていた。

今やドイツやアメリカでも必要とされる車、売れている車のサイズがどんどん小さくなっているのに、韓国ではいまだに大きな車を乗らないといけないみたいな風習があり、また良いものは良いのだから日本車に乗りたいと考える若い世代が増えてきているのに、日本車に乗ってはいけないみたいなことを上の世代から言われるみたいで、実際に話を聞いてみると車選びで困っている若い韓国人が多いことに気付く。日本も似たようなことがあるけど「軽自動車=恥ずかしい乗り物」なんて時代は卒業しているような気がするね。お金持ちでもセカンドカーに軽自動車に乗っていることがよくあるし。

車選びの優先条件とは

私には4歳と1歳の子供がいます。我が家には車が2台あり、夫はレクサスのRXに乗っています。セカンドカーなので小回りの効くかわいい車がいいなと思い、色々ネットで調べたりして絞り込まれたのが次の3つです。まず、トヨタのヴィッツ。お手頃な値段、サイズで、カラーも高級感のある茶色があったので一目ぼれをしてしまいました。

次に、ホンダのフィット。ヴィッツよりちょこっと大き目のボディーで意外に中は広かったのが印象的でした。小回りも効くし、燃費がかなりいいんです。ただ、これと言って個性がないのが残念でした。そして、最後はアウディのA3。こちらはさすがアウディといった感じで高級感はあります。ディーラーの担当者の人の影響がかなりあるのかもしれませんが、「いい車」という印象でした。ただ燃費は悪いです。リッター10あるかないかといったところでしょうか。

そして、結局私が決めたのはA3でした。一番の決め手はやはり小さくても高級車と言われるジャンルに属しているところでした。息子の通う幼稚園はお迎えの時間になると外車がずらりと並ぶのでやはり実用性よりも見栄を優先させてしまいました。乗ってみるとなかなかサイズもほどほどで、日に日に愛おしくなってきました。ただ、購入後半年で2度のリコールがあったり、突然止まってしまったり外車特有のトラブルがよくおこるのは心配です。